契約書作成での疑問解決!

契約書 作成

徹底考察!

01.

こんな悩みはありませんか・・・?

■契約書の作り方がわからない。

■契約書の条項が難解でわからない。

■契約書のリスクがどこかわからない。


わからないことだらけの契約書作成・・・。

契約書によってみるポイントは変わりますが

①立場ごとに考えてみる!

②条文の急所を知る!

③落としどころを確認する!

この3つは確実に抑えておきましょう!

5a1605a32cc63221ae97c5733a28df0d-750x499

02.

契約書=取引のルール

取引のルールとは。

取引の際に必ず生じるやりとりを記載する。

取引の際、ルールが曖昧の場合双方の裁量の判断になってしまうため必ず争いごとが生じてしまいます。

あらかじめ約束していた内容を明確化しルールとして記載しましょう。


✓ ルールを明確化
✓ 業務範囲の確認
✓ 無理のない内容なのか確認

document_rule_book

03.

そもそも契約書って必要??

契約書がなかったことにより起きたトラブル

「見積書」と「請求書」だけで業務委託を行っていた事案が一つある。

「どこまでの業務が委託対象なのか」という論点で争いが生じてしまい

取引自体がなくなってしまった。


ルールを明確にしておけば争いが生じることもなく取引は円滑に進んでいただろう。

「こう思っていた」はビジネスの世界では通用しない。

契約書とは相手や自分を縛るためのものではなく

円滑に取引を進めるものである。

6a44e5b44d941b1acf9b6b5a705fa120_t
お気軽にお電話でご連絡ください
06-7220-6898 06-7220-6898
9:00~18:00
RELATED

関連記事