ロゴデザインの必要性!

飲食店 ロゴデザイン

ロゴの重要性

01.

ロゴで売上は変わる。

アメリカで実際にあった調査結果があります。


素材も店舗も全く同じ環境でロゴデザインだけを変え、売上の増減を比較するといったテストを行った。

すると結果は面白いことに

円形のロゴ三角形のロゴよりも多く売れ、紋章のロゴが入った商品は円形のロゴよりも多く売れたという。


看板やロゴ、名刺の書体は売上に大きな影響力をもっていて、潜在的にユーザーに働きかけ、売上に大きく影響することがこの結果を見るとわかります。

事業計画書

02.

ロゴデザインの持つ効果。

ロゴデザインは最強の営業マン⁉


デザイン自体に直接的な売上貢献の力があるかと問われると、そうではありません。

しかし、会社やお店の顔であり潜在的にユーザーの意識の中に入り込み24時間営業を続ける素晴らしい効果があるのです!

 

名前以上に記憶に残すことができる⁉


「このロゴ見たことあるけどなんて名前だっけなぁー…?」なんて時ありませんか?
それはロゴデザインの性質上、名前以上に記憶に残してしまうほど印象に焼き付けることができるからなのです。

投資運用

03.

ロゴデザインにどれだけのお金をかければいいの?

大企業はロゴにお金を掛けている!?


ペプシ…100万ドル(約1憶2000万円)
Twitter…15ドル(約1780円)
BCC…180万ドル(約2憶1420万円)
ナイキ…35ドル(約4160円)

いえ、決してそんなことはありません。
お金を掛けたからといって良いものができるわけではありません。

しかし、大企業は今まで述べてきたようなロゴデザインが持つ絶大な効果を知っているからこそお金を掛けるのです!

hearing-sheet-img

Message

4
木村行政書士事務所 代表 木村 豊

飲食店開業をお考えの方へ

私は長年、飲食業での店舗運営や管理、新規店舗立ち上げなどの業務に携わっており、その中で感じたのが、飲食業で培った高い技術や経験をお持ちでそれを活かしたい方や、素晴らしい店舗スタイルや斬新なアイディアをお考えの方、売上を確保していく力が十分にある方などが複雑な開業手続きや資金計画での不安を解消しきれないために独立開業を断念されるというケースを多く見てきました。
弊所はそういった本気で独立開業をお考えになっている方が踏み切れない後一歩を全力でサポートしております。
新規店舗立ち上げの豊富な経験と行政書士事務所勤務時代での幅広い許認可に関する法務手続きの経験を経て当事務所を開業いたしました。
飲食店開業はもちろん美容室開業やその他にも開業、許認可取得等のご相談も承っておりますので些細なご相談にも喜んでご対応させていただきます。
良い出会いを心よりお待ちしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

お気軽にお電話でご連絡ください
06-7220-6898 06-7220-6898
9:00~18:00
RELATED

関連記事