ターゲットの重要性!

3選!

01.

ターゲット設定

■サービス強化に繋がるターゲット設定!

 

「誰に売るか?」も重要なことですがまずは

「〇〇を求めている人がどれだけいるのか?」を考えるコトがより良い商品や技術の独自性の創造に繋がりやすいのです!

「どんなお客様に来店してほしいか」「そのお客様は何を求め、どれだけいるのか」を考え、絞り込むことが理想の店舗イメージの具体化へと繋げることにもなります!

ターゲット

02.

ターゲットの購買動機

■独自性の強い商品や技術!

 

ターゲットを決めた次に考えるコトは

顧客ターゲットの購買動機 を把握することです!

ターゲットの求めるものを追求すれば既存の商品や技術が世の中には沢山あります。

そのなかでそのまま今の世の中にある武器で戦うも良し。

その武器を独自性のあるものや、付加価値を加えて新たなカタチとして提供していくも良し。

購買動機や需要を把握することで、自身の方向性や会社としての思想がブレることもなくなります!

購買動機

03.

ターゲットを絞り込む

■集客エリアを広げる!

 

まずはじめに、顧客ターゲットを絞り込むことが販売エリアを絞ることとイコールではありません。

お客様は自分の悩みや不便さを解消することに無意識にアンテナを張っていいます。

お客様が「まさにこういうお店を探してたんだよ」と思ってもらえることが来店に強く繋がりますので顧客ターゲットをより具体的に絞り込むことは顧客ターゲットに対し最も優れたアプローチができるため有効です。

独立

Message

office2-007
木村行政書士事務所 代表 木村 豊

飲食店開業をお考えの方へ

私は長年、飲食業での店舗運営や管理、新規店舗立ち上げなどの業務に携わっており、その中で感じたのが、飲食業で培った高い技術や経験をお持ちでそれを活かしたい方や、素晴らしい店舗スタイルや斬新なアイディアをお考えの方、売上を確保していく力が十分にある方などが複雑な開業手続きや資金計画での不安を解消しきれないために独立開業を断念されるというケースを多く見てきました。
弊所はそういった本気で独立開業をお考えになっている方が踏み切れない後一歩を全力でサポートしております。
新規店舗立ち上げの豊富な経験と行政書士事務所勤務時代での幅広い許認可に関する法務手続きの経験を経て当事務所を開業いたしました。
飲食店開業はもちろん美容室開業やその他にも開業、許認可取得等のご相談も承っておりますので些細なご相談にも喜んでご対応させていただきます。
良い出会いを心よりお待ちしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

お気軽にお電話でご連絡ください
06-7220-6898 06-7220-6898
9:00~18:00
RELATED

関連記事