女性起業家を全力サポート

起業に必要なコト3選!

01.

融資目的だけではない事業計画

これは女性事業主様も含め多くの事業主様から「人件費」 「働きやすい労働環境の整備」についてご相談を受けます。
過去に働きやすかったとは言いにくい労働環境での下積み時代の経験が労働環境を良くしていきたいと考えるようになったことがきっかけだそうです。
当事務所が作成する事業計画書は数字を当て込むだけの計画ではなく実際の現場を想定しながら作成するため
作成後にどの時期に人件費の設定や人材確保・労働環境を整備していくための計画などの開業後のサポートなども充実しています。
 

事業計画書

02.

人柄、店柄をアピールするロゴデザイン

当事務所では飲食・美容サロンの出店サポートの1つとして
名刺・商品メニュー・ポイントカード・販促チラシなどのデザイン作成も行っております。
その中でも店舗やサロンの「ロゴデザイン」に特に力を注いでいます。
お客様はお店の名前を決めるときにたくさんの知恵を絞り決定されるかと思います。
その店名にはお客様自身が過去の経験や将来思い描く理想像、これだけは変わらずに頑張っていきたいという不動の意思など様々な想いが組み込まれていると感じております。
当事務所はお客様の想いをしっかりとヒアリングしお客様の分身となる「ロゴ」をデザイン作成しております。
依頼があったお客様には店舗イメージがより明確に自分に取り込むことができてよかった」などのお声もいただいており今ではお客様に喜んでいただくための大切な商品の1つとなっております。

ロゴデザイン

03.

開業の為の資金調達

事業計画書は資金融資を受けるうえで必須の書類です!

事業計画書とは、その名前のとおり「どのような事業を、どう進めていくのかという計画を書いた書類」です。
事業を興すにあたっては、「なぜこの事業を行うのか」 「誰に、何を、どのように提供するのか」にはじまり、「事業の強みはどこにあるのか」「誰とともに事業を行うのか」「開業資金の調達方法はどうするのか」「どのような競合がいるのか」「開業後の収益見通しはどうなるのか」など、決めておくべきこと、知っておくべきことがたくさんあります。
これらの要素をまとめ、読む人に分かりやすく整理した書類が事業計画書となります。

融資

Message

office2-007
木村行政書士事務所 代表 木村 豊

飲食店開業をお考えの方へ

私は長年、飲食業での店舗運営や管理、新規店舗立ち上げなどの業務に携わっており、その中で感じたのが、飲食業で培った高い技術や経験をお持ちでそれを活かしたい方や、素晴らしい店舗スタイルや斬新なアイディアをお考えの方、売上を確保していく力が十分にある方などが複雑な開業手続きや資金計画での不安を解消しきれないために独立開業を断念されるというケースを多く見てきました。
弊所はそういった本気で独立開業をお考えになっている方が踏み切れない後一歩を全力でサポートしております。
新規店舗立ち上げの豊富な経験と行政書士事務所勤務時代での幅広い許認可に関する法務手続きの経験を経て当事務所を開業いたしました。
飲食店開業はもちろん美容室開業やその他にも開業、許認可取得等のご相談も承っておりますので些細なご相談にも喜んでご対応させていただきます。
良い出会いを心よりお待ちしております。
今後ともよろしくお願いいたします。

お気軽にお電話でご連絡ください
06-7220-6898 06-7220-6898
9:00~18:00
RELATED

関連記事